ZWIFT体重調整バーチャルレース「iCOL=」(イコール)第0戦レースレポート
スポンサーリンク

「iCOL=」(イコール)第0戦

こんにちは!もえまぐろです(*^^*)

2021/2/7 ZWIFT体重調整バーチャルレース「iCOL=」(イコール)第0戦が開催されました!!

体重調整してみんなの脚力をそろえたZWIFTならではのレースに、「SARIS JAPAN チーム」の一員として参加してきました~!

iCOLレース概要

iCOL=はindoor cycling online battle leagueの略で、体重調整によって脚力をそろえる「イコール」という意味もあるそうです。

なにこのネーミングセンス!考えた人、天才ですか?!

mogさん作(こちらもセンスありまくり)

 

ACTIVIKEGROWTACの協賛で開催されました。

わたしのZMPは・・・64!

ZWIFT MMP 脚力判定ツールを利用し、ZMPを算出。ZMPが65になるように参加者全員が体重を調整をします。

脚力判定ツールは「5秒、1分、5分、20分の最大パワー」を入力することで自分の脚力がわかるツールです。

わたしは事前にMMP測定ができてなかったので、直近3か月のMMPを参考に算出した結果、64でした!

51㎏を50㎏にしていいよって結果でした。ほぼ体重調整いらない人…。

 

でも正直、最近全然乗れてなくてですね…こんなにMMP高くないと思うんですよね。

練習は平日1回、週末1回の週2ペース。そして練習量と比例してしっかりと落ちていくFTP(笑)

直近1か月のPWRを見ると、3.7倍とかで0.8くらい落ちてる…(まじか!)

 

だから本音言うともっと体重落としたかったけど(笑)、でもそんなことして万が一すごい調子よかったらひんしゅく買いそうだし、負ける分には誰も文句言わないしな…って思ってそのまんまでGO!!

コース Figure 8

Figure 8は5分と2~3分の短い登りが2つある約30kmのコース。最初の8分はローリングで、そこから勝負が始まります!35分くらいのレースになりそうです。

SARIS JAPAN チーム

参加チーム は15チームくらい、総勢67名のエントリーだったそう。大盛況!!

わたしはSARISのアンバサダーとサポートライダーで構成された、SARIS JAPANチームの一員として走りました★

アンバサダーの松代さん、バグかなさん、サポートライダーのへたれあんぱんさん、すくみずさんがチームメイトです。

事前の作戦会議では、

①せっかく女性が3名もいるので、男性陣がアシストして女子トップ賞を狙う

②あんぱんさんとすくみずさんがファーストアタックで飛び出して、「I'm toast」と言って目立つ

③実況のえーぞうさんが1分1回は「SARIS」という言葉を使って忖度する

などが協議されました。笑

展開

ミートアップ開始から8分後にリアルスタートがきられ、作戦通りへたれあんぱんさんがファーストアタックを仕掛けます!

今回、ArkstrongさんにかけてAnkostrongでエントリーしたため、ライバル選手や実況陣の目をくらませることに成功!EMUの選手たちもArkさんが逃げるのなら容認しよう…となったはずです!

(ちなみにわたしは次戦から「ツナサンド」でエントリーしようと思います。まぐろだけに。)

 

あんぱんさんとうどんさんのファーストアタックで最初からペースが上がり、相当きつい。

ついていくだけでも精いっぱい。実況のえーぞうさんやしんいちさんに「目立ったほうが名前呼ばれますよ」と言われるが、全く飛び出す余裕なし!笑

あっという間に1回目のKOM(約5分の登り)に到達、後から配信を見返すとここでHirano選手が飛び出していたようなんですが、走っている最中はそんなことにも全く気が付かないほど命からがら登頂。。

(中切れが起きてしまったら絶対埋められない・・・!)

ということで、前目前目に位置取ることを意識して集団内に潜みます。

「決定的な逃げはできない」に賭けてました。というか、そうであってくれと祈ってました。

 

休む暇もなく、2回目のKOM(2分くらいの短い登り)に突入!Buriさんのアタックを皮切りに、ガツンとペースが上がり、集団も縦にのびのび。

わたしは登りはじめてすぐにきつくなってしまい、集団最後尾まで位置を落とします。20~30名の選手を見送りまして…

もうきつくて諦めてしまいたい!って思ったんですが、ちょうど目の前で女子選手のタムロリエさんも奮闘していたので、女子トップ賞争いをすべく粘ります。

限界を超えてたけど足が燃え尽きるぎりぎりまでダンシングで粘って、なんとか周りにいた数人でまとまってKOMの山頂ゲートにたどり着けました。ここまでダンシングで粘れるようになったのはお世辞抜きにMP1のおかげですね。

 

ちょうどゲートを超えたところでチームメイトのすくみずさんが先頭に出て引き始めてくれました。

アバターの背中から「しっかりひいてゴールまで連れていってやる!ついてこい!!」というオーラをむんむんと感じました(笑)

この動きのおかげで後ろにいたタムロリエさんに少しギャップができました。

自分は女子トップ賞を目指すためにとにかく必死ですくみずさんの背中にしがみつきます!

 

そこからは怒涛のすくみず引き!

ぐんぐんと距離を消化し、先頭集団から遅れてしまっていたTMRのYamadaさんやJETTのShinoさんにも合流でき、4名でゴールを目指しました。

もはやスプリントする余裕も全然なかったのですが、何とか腰を浮かしてみんなとゴールになだれ込むようにしてフィニッシュ!!この中ではびりっけつでしたが、ついていけただけでも御の字でした。

すくみずさん、ゴールまで運んでくださり本当にありがとうございました。

感想

  • 終始きついペースで、先頭集団についていくことができなくて残念だった。でもZMP調整がなかったらファーストアタックで千切れていただろうから、そう考えたらむしろありがたかったのだと思います(笑)
  • ZMPが一緒だから少人数で逃げを決めるのは難しそうでした。ZMPが同じでもコースレイアウトによって向き不向きが変わりそう。ZWIFT内でどれだけエコに走れるかも、重要になりそうです!
  • あんぱんさんのアタックやすくみずさんのアシストで女子トップ賞を獲得できたみたいです。SARISチームみんなで勝ち取ったものなので、これはすごく嬉しい!!
  • SARISアンバサダーのお二人もレースを楽しんでくれていたようで、何よりでした(*^^*)
  • そして29~34分のMMPを更新しました!そもそも3年間くらい伸び悩んでいたからすごく嬉しい(笑)最近練習量が減っていて、FTPも低下していたのでここにきてのMMP更新は驚きしかない!iCOLレース何者?!すごい!素敵!!!

20分から30分にかけて上昇するパワーカーブ(笑)

結論:すごく楽しかった!がんばれたと思います★

 

一緒に走ってくださった参加者の皆様、MMP脚力判定ツールを作成してくださったkmxさん、iCOLレースを企画に関わってくださった皆様、そしてレースを盛り上げてくれた実況・応援の皆様、本当にありがとうございました!!

 

次戦も楽しみにしていま~す★

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事