新潟市
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

今回は新潟シティライドというサイクリングイベントについて紹介したいと思います。

新潟シティライドは、参加費が安く、難易度も低いため特に初心者の方にオススメの人気イベントです。

ロードバイクやクロスバイクを始めたばかりで、これからサイクリングイベントに出てみたいな~なんて方は必見です!

新潟シティライドとは?

新潟シティライド

新潟シティライドは、新潟県新潟市で開催されるサイクリングイベントです。

参加者はおよそ700~800人と規模は大きくありませんが、その分気軽に参加できるイベントとなっています。

開催時期は毎年6月の第1日曜日で、気候的にも走りやすい時期ですね。

コースは、ロングライド(120km)・ミドルライド(70km)・ショートライド(33km)の3種類で、最長でも120kmと走りやすいコース設定になっています。

新潟市は日本海側最大の政令指定都市で、面積はおよそ726k㎡、人口はおよそ80万人となります。

海あり(日本海)、山あり(角田山・弥彦山)、川あり(信濃川)、平地あり(越後平野)と、非常に自然豊かな場所です。

お米や新鮮な魚をはじめ、美味しい料理がたくさんありますので、ぜひ新潟へお越しください!

特に初心者の方にオススメ!

新潟シティライド

新潟シティライドは、特に初心者にオススメのサイクリングイベントです。

理由としては、

◇参加費が安い(2500円~5000円)

◇コースが短めの設定で、難易度も低い

◇サポートライダーが充実していて、パンクをしても安心

◇参加者が少なく、のんびり走れる

◇アクセスが良く、日帰りも出来る

といったことが挙げられます。

私たちもいろんなサイクリングイベントに出ましたが、最初はコースやアクセスで不安なことがありました。

しかし、新潟シティライドは上記の点で、初めて出るイベントにちょうど良いなと思います。

田崎友康さんをはじめとした、私たちF(t)麒麟山Racingのメンバーもサポートライダーとしてボランティアをしています。

参加の際は、ぜひお気軽に話しかけてくださいね。

てぃーざき

スポンサーリンク

概要は?日程や募集定員を確認しよう

日程・募集定員

新潟シティライドは、例年、6月の第1日曜日に開催されます。

2019年は6月2日でした。2020年は、6月7日と予想されます

申し込みは4月上旬から始まることが多く、募集定員が少ないため、すぐにエントリー枠が埋まってしまいます。

申し込み開始日を事前にチェックしておき、申し込み開始と同時にエントリーしましょう。

募集定員
ロングライド(120km)・・・600名
ミドルライド(70km)・・・100名
ショートライド(33km)・・・50名

コース

シティライドコース

ロングライド(120km)

ロングライド(120km)は、新潟市8区すべてを通るメインコースです。

序盤の海沿い30kmほどは、ややアップダウンがありますが、その後はほぼド平坦となります。

初心者の方でも充分にチャレンジ可能なコースです!

エイドステーションは3か所用意されていて、カレーやアイスなどが食べられます。

シティライドロング

ミドルライド(70km)

ミドルライド(70km)は、海沿いを走って、角田山という山の周りを1周し、また海沿いを通って帰って来るコースです。

このコースも登りは角田山の海側だけで、内陸は平坦です。

エイドステーションは「いわむろや」というところの1か所ですが、メイン会場のブースで使える1000円券が付いてきます。

メイン会場では、軽食・補給食・パーツなどのブースがありますので、そちらで使いましょう。

シティライドミドル

ショートライド(33km)

ショートライド(33km)は、主に信濃川沿いや海沿いのサイクリングコースを走ります。

車道はあまり走らないので、お子様連れや、車道を走るのがまだ怖い方にも優しいコースです。

また、エイドステーションはありませんが、スイーツ特集なるものが組まれており、サッと走ってスイーツを食べたい人はこちらのコースですね!

シティライドショート

参加資格

参加資格も緩めで、以下のようになります。

参加資格(以下のすべてを満たすこと)
(1)小学生以上の健康な男女
(2)大会規則及び交通規制・マナーを遵守できる者
(3)以下の走力を有する者
◎カテゴリー完走時間の目安
 ・ロングライド 8時間以内
 ・ミドルライド 6時間以内
 ・ショートライド 4時間以内
(4)高校生以下の参加は保護者の同意を必要とする。小学生の参加は保護者又はこれに準ずる成人が同伴して参加するものとする。
(5)小学生の参加は、保護者又はこれに準ずる成人が同伴して参加するものとする。
(6)誓約事項に同意する者。

カテゴリー完走時間の目安も、かなり優しめですよね。

完走率は毎年ほぼ100%なので、安心してご参加ください。

スケジュールとアクセス

スケジュール

新潟シティライドは、前日受付はありません。当日受付のみとなります。

スケジュール

受付 午前6時から6時30分

スタート 午前7時00分

終了予定 午後4時00分頃

アクセス

メイン会場は、新潟市陸上競技場(所在地:新潟市中央区一番堀通町3番地1)となります。

高速道路で来られる場合は、「新潟中央インターチェンジ」が最寄です。

バイパスの場合は「桜木インターチェンジ」が最寄ですね。

無料駐車場もありますが、埋まった場合は近隣のコインパーキング等に停めることになります。

シティライドアクセス

気になる参加費用はリーズナブル!

参加費用は、コース別に2500~5000円です。

他のイベントに比べると安く、それでいてエイドステーションも充実していますので、コスパが高いですね。

参加費用
ロングライド:5000円
ミドルライド:3500円
ショートライド:2500円

もちろん日帰り可能ですが、新潟市民としてはぜひ泊まりで参加して頂き、新潟のグルメやお酒などを堪能して欲しいです(笑)

ご検討ください!

まとめ

新潟市

いかがでしたか?このように、新潟シティライドは初心者の方にオススメのサイクリングイベントとなっています。

もちろん初心者の方でなくても、新潟にぜひお越し頂き、一緒にイベントを盛り上げて頂けたらと思います。

質問などありましたら、お気軽にコメントしてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

詳しくは公式サイトをどうぞ→ 新潟ケンベイ PRESENTS 2019新潟シティライド 開催要項

 

こちらの記事もオススメ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事