スポンサーリンク
こんにちは!もえまぐです(*'ω'*)
皆さんはインドアサイクリングを上手くこなせていますか?
新型コロナウイルス騒動の影響でZwiftを始めた方も多いと思います。
私は元々Zwift族ですが・・・(笑)
そもそもZwiftとは何ぞや?という方は以下の記事を参考にして、ぜひ始めてみてください!
今回は、あんまりにもZwiftにお世話になっているのでZwiftでおすすめのワークアウトメニューを厳選してみました!
少しでも参考になれば幸いです(*'ω'*)

Zwiftのワークアウトってなに?

まず、Zwiftのワークアウトとは…
というところから。
Zwiftはオンライン上の仮想空間でライド体験ができる体験型のゲームのようなもの。
世界各国のライダーとレースを楽しんだり、グループライドを楽しんだり、仲間内でのミートアップなどの機能もある。
今回紹介するのはワークアウト機能です!
トレーニング画面からワークアウトまたはプランを選択できます。
ちなみに
赤 L6以上
オレンジ L5
黄色 L4
緑 L3
青 L2
と、色分けしてあるので負荷が一目瞭然でわかりやすいです。
ワークアウトだけでも一画面に収まりきらないくらい…。
ワークアウトは数週間から十数週間にわたってメニューが組まれています。
その週ごとのワークアウトの中にさらに細かく週ごとのメニューが与えられています。
例えば、下記のような感じ。
6 wk Beginner FTP Builderというワークアウトは6週間の工程があり、Week1の1日目はFoundationというL2領域でのベーストレーニングが組まれています。

FTPを入力すると「○ワットで漕いでね」という指示が出て、それをクリアすると☆がもらえます。この場合だと、最初のアップができると☆1つ、最初の156w 4分がクリアできると☆2つ、次の110w 2分がクリアできると☆3つ、といった具合です。

それぞれのワークアウトを完遂すると日付が記入され、出来た証が刻まれます(*^^*)

ちなみに、ワークアウトはこちらのサイトからも検索できます。わたしがいつも「このメニューやったよ〜」と貼り付けているのはこのサイトからスクショしたものです。
FTPを入力するとワット数も自動入力されるので便利です♪
ちなみに、プランは一連のトレーニングプランを順々にやっていくものです。

わたしがワークアウトを好む理由はその日の脚の調子によってはメニューを飛ばしたり、全く別のワークアウトメニューを選んだりできるからです。

また、レースの方が追い込めるし楽しいのはわかっているのですが、1日1時間程度の練習時間しか捻出できない自分にとって、レースの時間に合わせて自転車に乗るということもハードルが高かったりします。
自分時間で飽きずにトレーニングを続けるのに、一役も二役もかってくれています(o^^o)

もえまぐろおすすめワークアウト!

そんなズイフターのわたしがオススメするZwiftのワークアウトはこちら!
改めて見るとZwift Academy 2018のメニューばかりですね(^^;)

第1位 Zwift Academy 2018 10. Capacity Reloaded

ともすればサボりがちな?敬遠しがちな?L5をばっちり煽るメニュー。
70分で90TSS稼ぐ頑張るメニューです!!

第2位 Zwift Academy 2018 9. Race Day

仮想アタックからの逃げ、さらにアタックして逃げ切るようなイメージで走れるメニュー。

第3位 Emily's short mix

30分で終わるのに、すごいやった感を味わえるメニュー。辛いんだけどあっという間に終わるからできちゃう!みんな大好き…かな?( ・∇・)

第4位 Zwift fondo bambino Week 3 step down intervals

休み所がない点がレースに似ている。
赤いゾーンが始まるとしんどいけど徐々に強度は楽になるので、気持ち的に頑張れる。
50分で終わるのもお手軽(^^)

第5位 Zwift Academy 2018 8. lactate shuttling

L5領域をしっかり煽ったあとに、L4とL3を10本というメニュー。1分ごとだから頑張れる。
ズイフトはこんな感じでギリギリ頑張れるところをついてくるメニューが多いから素晴らしいo(・x・)/
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Zwiftのレースに出る気分でもないけど、だらだらと漕ぐのもなぁ・・・。
なんて時にワークアウトがおすすめです!
今回挙げたワークアウトは、どれもこちらから検索できます!自分に適した細かいパワー設定も見れます(^_^)
ぜひ、検索してみてください(*・ω・)ノ
少しでも参考になったよ~という方がいましたら、シェアして頂けたら嬉しいです(*´Д`)
最後まで読んで頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事