High AmbitionとVALETTEが開発協力!洗って使える3Dマスクを紹介します☆
スポンサーリンク

こんにちは!女医サイクリストのもえマグロです(*^^*)

 

今日は私の所属するHigh Ambitionと国産アパレルメーカーVALETTE(バレット)が開発協力した

洗って使える3Dマスクをご紹介します。

 

チームの公式ホームページはこちら

https://highambition2020jp.wordpress.com/

VALETTEのホームページはこちら

https://www.valette.jp/

 

開発協力に至った経緯

皆さんもご存知のように新型コロナウイルス流行の影響で、世の中は深刻なマスク不足に陥っています。

自転車アパレルメーカーが各社頑張ってスポーツマスクを生産し販売しておりますが、まだ需要に追い付いていない状況です。

 

そこで、マスク不足解消に少しでも貢献したいと思い、国産アパレルメーカーのバレットさんへ開発協力をもちかけ、発売に至りました。

人の少ない郡部でのソロライドであってもライド中のマスクの着用を強く推奨しますので、お役に立てていただければ幸いです。

VALETTE様公式ページより

VALETTE様公式ページより

洗って使える3Dマスク

 

VALETTE様公式ページより

VALETTE様公式ページより

製品の特徴

肌ざわりが良く伸縮性に富んでおり、顔に優しくフィットします。

薄手で柔らかい素材なので、フィット感が良いです。素材はポリエステル100%です。

感染対策や日焼け防止に役立ちます。

自身の飛沫を周囲にまき散らすのを防ぎます。

UVカット機能があり、夏の日焼け防止にもなります。また顔をすっぽり覆うのでマスク焼けも防げます。

洗って繰り返しの使用が可能です。

吸水速乾性に優れており、数時間で乾きます。

価格は980円(税抜き)

 

VALETTE公式の製品紹介ページはこちらです。

https://www.valette.jp/c-item-detail?ic=V20200421

 

実際に着用してみました

正面像です。

正面像です。

側面像です。

側面像です。

ミニチャリマスク

ミニチャリマスク

チェックです。フル装備。

チェックです。フル装備。

フル装備で斜めからです。

フル装備で斜めからです。

耳かけもソフトで長時間つけても痛くならないです。

耳かけもソフトで長時間つけても痛くならないです。

スポンサーリンク

コラム

布マスクとサージカル(医療用)マスクの違い

2つのマスク、どこが違うの?

端的に言うと、構造が違います。

製品によって多少異なるものの、サージカルマスクは何層構造にもなっていたり、ちょっとした撥水加工がなされており血液や飛沫に対するフィルター機能が良いんです。

防御力や自らがウイルスをまき散らすのを防ぐ効果を比較すると

サージカルマスク>布マスク

と言っていいと思います。

 

マスクをすればウイルスから身を守れるの?

残念ながら布マスクにもサージカルマスクにもウイルスを完全にシャットアウトする効果はないんです。

社会的距離を守ることや手洗いうがいなどが大切です。

 

それでも、マスクは必要なの?

布マスクであってもサージカルマスクであっても、マスクを着用することを強くお勧めします。

なぜなら、自分が感染者だった場合にウイルスをまき散らすのを防ぐ効果はあるからです。

 

布マスクはサージカルマスクほどではないものの、ウイルスをまき散らすのを予防する効果があります。

新型コロナウイルスのことはまだわからないことだらけなのですが、現時点では「症状がなくても感染している可能性がある」と言われています。

感染を広げないためにも、マスクは着用しましょう。

 

また、アメリカ疾病予防管理センター(アメリカにある感染症対策の総合研究所です)のホームページでは、

新型コロナウイルス感染症の第一線で働く医療者へサージカルマスクを確保するために、布マスクを自作したりバンダナなどで代用することを推奨しています。

 

Centers for Disease Control and Prevention(CDC)公式ホームページはこちら https://www.cdc.gov/

 

まとめ

以上、High Ambitionと国産アパレルメーカーVALETTE(バレット)が開発協力した洗って使える3Dマスクのご紹介でした★

コラムも頑張って書いたので、役に立ったよ~って思ってくれる人が1人でもいらっしゃれば嬉しいです。

今後、チームのオリジナルマスクも発売される予定なので、お楽しみに?!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事