SARISインドアトレーナー【H3&MP1】のレビュー
スポンサーリンク

SARIS H3 & MP1 review

皆さん、こんにちは!

SARISサポートライダーの本田母映です(*^^*)

新潟県在住のホビーサイクリストです★

 

今回は室内でもサイクリングを楽しめるインドアトレーナーのひとつ、SARISのH3とMP1を使用した感想をまとめました。

興味のある方はぜひご覧いただけると嬉しいです。

 

SARISのサポートライダー

2020年12月からSARIS JAPANのサポートライダーをさせていただくことになりました!

わたしの他に9名のサポートライダーがいます。

こちらのサイトではSARIS JAPANの魅力的なサポートライダーを紹介、さらにサポートライダーによる機材のインプレッション動画やブログが掲載されていますので、もしよろしければ参考にしてみてください★

https://www.saris.jp/supportedrider

 

H3とMP1の製品紹介

今回わたしが使用させていただいたのはSARISのH3とMP1です。

 

H3 Direct Drive Smart Trainer 128,000円

H3はスマートローラーです。

SARIS JAPAN HPより

音や振動などを抑えた静粛性に優れたインドアトレーナーです。

H3は折りたたまれた2本の足を開くだけで設置できるので、とても簡単でした!

製品情報の詳細は下記のリンクから見られます。

H3の製品情報リンク

MP1 Nfinity Trainer Platform 158,000円

MP1はプラットフォームです。

SARIS JAPAN HPより

自転車のインドアトレーニングは年々普及していますが、まだこの「プラットフォーム」はなかなか見たこともない人が多いかもしれません。

床とスマートローラーの間に設置します。このプラットフォームがライディングに合わせて前後左右に動くことで、屋内でも実走感を楽しめるアイテムです。

製品情報の詳細は下記のリンクから見られます。

MP1の製品情報リンク

 

ほぼすべての自転車トレーナーに対応しているので、お手持ちのローラーと組み合わせて使うことが可能です。

互換性のあるトレーナーと使用方法は下記リンクからご確認ください。

MP1フィットガイド

 

スポンサーリンク

インプレッション

バーチャルサイクリングアプリZWIFTを利用し、H3とMP1で1か月間走ってみた感想を書きます。

 

感想5つ

 

  1. 実走感があり、乗り心地が良い。・・・特にダンシングのときにバイクを左右に振りやすく、屋外のライドの再現性が高いと感じます。
  2. 安定性があります。・・・全力スプリントをしても、H3とMP1の固定強度は高くスマートローラーが浮いたり、がたついたりしません。プラットフォームのバタつきもありません。
  3. アバターの反応が速い!・・・アプリとローラーの通信が速いのと、ペダルを踏み込んだ時にローラーに力がしっかり伝わるからだと思います。レースで踏み遅れることがなくなりました。
  4. 静粛性はインナーを使用するとさらに高められる。・・・静粛性に優れたH3ですが、インナーを使うとさらに静かです。ワークアウトの際はERGモードを使用し、インナーに落としてペダルを回すと隣の部屋で寝ている家族を起こす心配もありません(笑)
  5. Zwiftだと負荷調整を50%に設定すると、実走の勾配に対する負荷を良い感じに再現してくれると感じました。

     

    サポートライダーだから良いことしか書かないんでしょ?

    って思われるかもしれませんが、これといってネガティブなポイントがありませんでした…

     

    強いて挙げるなら、やっぱりお値段が購入のハードルになるとは思います。

    国内正規取扱店のワイズロードさんでは、セット購入で値下げキャンペーンをやっているのを見たことがあるので、もう少し安く購入する方法もあるかもしれません!

    こうやって楽しんでいます★

    まるで屋外でのサイクリングのような実走感が楽しめるので、それだけで乗る理由になります。

    いろんなライディングポジションをとれるので、使う筋肉を分散でき、長時間のライドでも疲れにくいです。また、サドル接地面も変化させてやすいため、多くのサイクリストが抱えるお尻が痛い…という悩みも解消されるかもしれません。

    1月はバーチャルエベレスティング(ZWIFT内で獲得標高8848mを登る)や550㎞の超ロングライドを達成することができました。

    【メディア掲載情報】冬の新潟でバーチャルサイクリング! 夫婦がエベレスティングで標高8848m上り切る

    【メディア掲載情報】バーチャルサイクリングで東京-大阪550㎞を17時間、自転車夫婦が仲間と「ズイキャノ」

    これからもH3とMP1を使用してインドアトレーニングを楽しんでいけたら最高だと思っています。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*^^*)!

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事